不思議のダンジョン風来のシレンシリーズ 20周年記念サイト

お祝いコメント

僕がファミ通編集部に入りたてで、まだぺーぺーのアルバイトだったころ。先輩編集者たちが朝も昼も夜もずーっとプレイしていたゲームがスーパーファミコン版『不思議のダンジョン2 風来のシレン』だった。どこをどう見ても、先輩たちはほとんど仕事をしていなかった。若干語弊があるかもしれないが、とにかくそのくらい夢中になって遊んでいた(彼らがのちの“仕事せん隊シレンジャー”である)。「なんだなんだ、そんなにおもしろいのか」と遊んでみたら、これがヤバかった。とにかく死ぬ。倒れまくる。でも、経験の積み重ねがじわりじわりと体に沁み込み、するりと壁を抜ける瞬間があり、あれよあれよと先に進み、そして倒れて絶望するけどまた立ち上がり……とくり返しているうちにやめられなくなった。いまも新作(完全新作希望!!)を楽しみに待っている数少ないシリーズのひとつがこの『シレン』だ。個人的過去最高ドハマり作はゲームボーイ版『不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物』。サイコーだった。あれから年月流れておっさんになったけど、あのころのようにまたドハマりしたいと強く思う。ぜひいつか……と祈りながら、20周年おめでとうございます!!

シレン20周年おめでとうございます!『シレン』シリーズでの思い出を改めて振り返ってみたのですが、見事にくやしい死にざましか思い出せません。“ああしておけば愛刀を飛ばされずにすんだのに!”とか、“こうしておけば次のフロアに望みをつなげたのに!”とか、とか。「1000回遊べるRPG」というキャッチは伊達じゃなく、たぶんほんとに遊んでましたでも自分の場合、そのうち900回くらいは死んでいますけれども……。はいだめだめですね。残るのはいつも後悔ばかりです。そうしてうまくはなっているのだとは思いますが、失敗の繰り返しこそが『シレン』の楽しさかなと思います。『5plus』はシリーズではじめてPS Vitaで登場するということで、自分はダウンロード版で遊びたいと思っています。あれです、いつも復活の草を持参して冒険したい風来人の心得と一緒です。備えあれば、憂いなし。いつでも『シレン』が遊べる幸せを満喫したいと思います。

私が20歳くらいの時に延々とプレイしたゲームがシリーズ化して20年経っても発売し続け、ファンの皆さんが未だに楽しんでプレイしているなんて本当に素敵な事です。私のプレイは発売当時からずっと同じで、やり込み勢の方の対極にあるリアルラック任せ!プレイヤーによって沢山の遊び方があるにも関わらず、それに対応出来る懐の深さを持ったこのシリーズはまさに『ゲーム』そのものだと思います。持っていた木槌がいつの間にか壊れて素手になっているのに気付かなくても進む事が出来るこの素晴らしいゲームをいつまでも応援しています!(あれ?風来のシレン20周年本当におめでとうございます!!!

『風来のシレン』20周年おめでとうございます!+99まで鍛えた剣と盾をゲーム内のダンジョンではなく、リアルでROMごと紛失するという痛ましい事件が起こったのが20年前だと思うと驚きです。『風来のシレン』は、20年経った今でも自信を持って初代からオススメできるゲーム史に残る名作です。ゲームシステム、キャラクター、BGM、どれをとっても実にゲームらしいゲームで、「ゲームを遊びたい」と思っている人全員に充実した体験をもたらしてくれることでしょう。たくさんのゲームデザイナーにも影響を与えているであろうこの「ゲームの教科書」が、30周年、50周年と続いていくことを願っています。

アイドル (でんぱ組.inc)古川未鈴さん 風来のシレンシリーズ20周年、おめでとうございます!!シレンは元々、母が大好きでよくプレイしており後ろでハラハラしながら見ていました。それからというもの私の風来人っぷりは残念な感じなのですが、昔テレビでやってた某ゲームクイズ番組のシレンのワナ問題で正解したりオリジナルで描いてた漫画の主人公の名前をシレンにしたりLINEのスタンプを愛用したりしています。これからも素敵でかっこいいシレンが沢山見れますように!

森田さん 「シレン」が発売されて20年と聞き、そんなに経つのかとびっくりしました。当初はダンジョンRPGの意味も知りませんでしたが、やってみると本当に奥が深くて将棋や囲碁のように自分の技量が上がっていくのが分かりました。クリアしたと思うと、またそこからさらにゲームの深度が増すというコンセプトは、その後のゲーム界にも大きな影響を与えたと思います。シレンは試練でもあり、回を重ねるごとに一種の修行のような不思議な感覚になるのは、ほかのゲームでは考えられません。この先、何十年経った後もやり続けられるゲームだと思います。