HOMEFRONT the Revolution


Ignition Trailer
イグニッショントレーラー


America is on its knees
アメリカ陥落


APEX Trailer
APEXトレーラー


Guerrilla Tactics 101
ゲリラ戦術101トレーラー


Freedom Fighters
フリーダムファイターズ


Thank you Trailer
Thank youトレーラー


Philadelphia Trailer
フィラデルフィアトレーラー

  • Revolutionary Spirit Pack|初回購入特典
  • Shop
  • Gift Campaign |発売記念プレゼントキャンペーン
  • Survival Game Field |発売応援 サバゲーフィールド

HOMEFRONT THE REVOLUTION

America is on its knees|アメリカ陥落

かつての輝きは失われ、自由は廃墟の下に埋葬された。レジスタンスは団結し、再びその手に自由を掴むため戦いの準備を進めている。いかなる代償を払ってでも…2029年、KPAによるアメリカ侵攻から4年?非人道的な統治が行われるフィラデルフィアで、イーサン・ブレイディはレジスタンスへの参加を決意する。革命に火を灯し、人々を迫害から解放するために。

Features

Open World
オープンワールドタイプのストーリーモード
KPA占領下のフィラデルフィアを自由に探索し、重要施設の解放や、対KPA破壊工作などの数々のミッションをこなす。
地図にも記載されていない破棄された地下鉄にあるゲリラの本部を拠点に各地で戦いを繰り広げる。
潜入、待ち伏せ、ヒットアンドラン??。オープンワールドならではのゲリラ戦術が勝利の鍵となる。
Tactics
環境を利用した戦術
ゲーム中には時間の流れが存在し、昼夜や天候がリアルタイムに変化していく。
戦力で上回るKPAとの戦いにおいては、闇夜に乗じて忍び寄るといった、環境を味方につけた戦術も重要。
また、共に戦ってくれるNPCゲリラ兵や、オープンワールドを迅速に移動するための乗り物といった要素も用意されている。

Customize
カスタマイズ要素
銃器に装備するサイレンサーや光学サイト、フォアグリップなどのアタッチメントは、ゲーム中いつでも着脱可能。
戦況や役割に応じてアタッチメントを付け替えることが重要となる。
Online
リプレイ性の高いオンライン協力プレイモード
オンラインモードでは、自身の分身となるキャラクターを作成し、 最大4人での協力プレイが可能。
プレイヤー同士で協力して、KPAへの強襲や、味方部隊の護送など、
多彩なミッションに挑め。
ミッションで得た報酬で、銃器やキャラクターの外見・スキルをカスタマイズすることもできる。

The Revolution|革命の刻

Story Mode

Heroes of the Resistance

主人公はレジスタンスとして、支配体制を強めるKPAから祖国を解放すべく戦いに身を投じる。
ゲームの舞台であるフィラデルフィアは、KPAによっていくつもの地区に分断されており、各地区は高い壁に取り囲まれ、道路には警備の厳重な検問所が設けられている。
それぞれの地区は「レッドゾーン」と「イエローゾーン」に分類され、レッドゾーンではKPAの施設をめぐる激しい戦いを、イエローゾーンではさまざまな活動を通じて民衆の心を動かしていく、というゾーンごとに異なるゲームプレイが楽しめる。

RED ZONE

レッドゾーンはKPAの重要施設が存在する区域であり、市民の立ち入りは厳しく制限されている。
KPA兵の歩兵はもちろんドローンや戦闘車両も多数配備されており、侵入者に対し容赦ない攻撃を仕掛けてくる。
打倒KPAを掲げるレジスタンスにとっても重要な場所である。

YELLOW ZONE

イエローゾーンはKPAの監視のもと、多くの市民が暮らす区域。
抵抗する力を持たない人々は自由を奪われ、貧しい暮らしを余儀なくされている。重要施設の確保や市民の救出、家を失った路上生活者への寄付や、ラジオを通じたメッセージ発信などさまざまなレジスタンス活動を通じて市民の心を動かし、KPAの支配体制を突き崩すことが大きな目的となる。
KPAから指名手配をされている主人公はイエローゾーンでの行動にも注意が必要だが、武器を隠し、市民に紛れて行動することで無用な戦闘を避けて行動することができる。

Operating Base
レジスタンスの活動拠点

地下鉄の延長計画が頓挫し、建設途中のまま放置された地下鉄の駅。
どの地図にも記載されていないこの場所こそが、KPAも把握していないレジスタンスの本拠地となっている。
本拠地には天才的なガンスミス「シドニー・クック」の工房があり、作戦で得た資金で新たな銃や装備品を購入できる。
彼らは地上で対KPAの破壊工作を繰り広げるかたわら、隔離された各地区を繋ぐ地下トンネル網の建設にも力を注いでいる。
これにより、ゲームを進めるごとに本拠地からアクセスできる地区が徐々に増えていく。
また、地上にもいくつかのセーフハウスや保管庫を建設しており、セーフハウスでは本拠地と同様、武器などの購入が可能で、達成することによって資金を得られる「ジョブ」を請け負うことができる。
保管庫はセーフハウスよりはるかに規模が小さいが、内部には弾薬や医薬品がストックされ、戦いに役立てることが可能。

タイトル:HOMEFRONT the Revolution|プラットフォーム:Xbox One / PlayStation 4|発売予定日:2016年5月19日予定|ジャンル:オープンワールドFPS CERO:D(17才以上対象)|ローカライズ仕様:音声、テキスト共に日本語|希望小売価格:(パッケージ版)7,980円+税、(ダウンロード版)7,200円+税|プレイヤー人数:1人(オンライン2-4人)|開発元:Deep Silver Dambuster

  • XBOX ONE
  • PS4
  • CRYENGINE
  • CRYTEK
  • SPIKE CHUNSOFT
  • Deep Silver Dambuster Studios